FC2ブログ

お茶にしまい♪

彼岸花

台風がまた日本を縦断するようで気が揉めます 

今日の空を見上げるとこれから本当に台風がくるの?

と疑うほどとっても良いお天気です 


t_IMG_0993.jpg


雲ひとつ無い青空・・・

なのに明日から雨の予報 


私は、朝起きたら腰がいきなり痛くなって歩けない程の痛さに 

こんなに良いお天気になってやりたいことがいっぱいあるのにね 

とりあえず腰にロキソニンテープを貼り痛み止めの薬を飲んで

少し痛みが治まるのを待ち

ゴミだしの日なのでゴミを出してその帰りにショピングをして早々に帰りました 


その後は動かないほうが良いのでおとないくしてたんです 


おー!!なんてこった!! こんなに良いお天気なのに!!

と、心の中の叫びです 




それは置いといてと・・・

あんなにも暑かったのにお彼岸の時期になると彼岸花がちゃんと咲き出して

花ってすごいなぁと感心したんです 



我が家の彼岸花は白 (母から貰った花)

t_IMG_0975.jpg

 
母は白って言ってましたけどこれって黄色に近いよね?


貰った時はもっと白かったかなぁ?



道端の彼岸花も綺麗に咲いてました 

t_IMG_0985.jpg



彼岸花は毒々しくて嫌いっていう人もいますが

私は思い出の花なのでそうは思わないのです。


この彼岸花が咲くといつも母とお墓参りにいったなぁと

母の事を思い出すからです 



彼岸花の花言葉を調べたら

赤・・・・・「情熱」

白・・・・・「また会う日を楽しみに」

黄色・・・「深い思いやりの心」



どの色も素敵な花言葉 


彼岸花はちょっと・・・っていう方もこの花言葉を知れば

好きになるかも?


好きになってね 







スポンサーサイト

このページのトップへ

ベゴニア

梅雨が開けてから毎日猛暑で体がどうかなりそうです 

でも広島や岡山で被災された方々に比べたらそんな事も言ってられないです 

一日でも早い復興を願っています。




今年の1月、2月はかなりの寒さで春になっても芽が出なくて

枯れてしまったベゴニアが多数ありましたが

それでもなんとか生き残ったベゴニアが5月頃から

ちょこちょこと花が咲き出し

今きれいに咲いているベゴニアもあるのでアップしておきますね 



ベゴニアでも早春に咲く根茎性ベゴニア

t_IMG_8707.jpg


t_IMG_9095.jpg

いつもですといろんな種類の根茎性の花が見られるのに

やはり今年の寒さで枯れはしなかったものの

芽が出るのが遅かったので花は見られなかったです 




球根ベゴニア
t_IMG_9313.jpg



t_IMG_9314.jpg


最近の球根ベゴニアは寒さに強く改良されているのかしら?

2年目になります 


フランボヤーント
t_IMG_9784.jpg

これも球根で、3鉢あるのですが1鉢は3年目、2鉢は2年目

以前は毎年枯れてしまったのになぜか生きてる・・・いいことだわ~ 

上に見えてるのは木立ベゴニアのドラゴンウィングピンク




根茎性ベゴニア ピンクシャワー
t_IMG_9786.jpg

いっぱいかわいらしい花を付けて下垂して咲くのです 






ダブルピンク
t_IMG_9793.jpg


ダブルホワイト
t_IMG_9794.jpg


ダブルローズ
t_IMG_9795.jpg


まとめて ドーーーン
t_IMG_9796_20180718140708bab.jpg

実は花自体は小さいんです 

なので3鉢まとめて置いてあります 


これらはセンパフローレンスの仲間なのですが

よく花壇に植え込んであるのはこれ!

一重のセンパフローレンス (四季咲きベゴニアとも言う)

t_IMG_8723.jpg

あら (><;)

上手に撮れなかったわー 



木立ベゴニアは今の時期から咲きだすのですが

我が家のは枯れた木が多かったし

今芽が伸びているのもありますが

花はどうかなぁ?咲いてくれるかなぁ?

もう少し辛抱して待っているか~ 


ま、まぁー 「お茶にしまい♪」 







このページのトップへ

花を見て思った事

オリンピックが始まってずっとTvに釘付けになっている今日この頃 

特にフィギアスケートの羽生君はすばらしかったですね 

まるで妖精が宿っているように思えて自分の気持ちまで入り込んでしまい

途中で感激のあまり涙がこぼれてしまいましたね 

他の選手もがんばっていらして感動をありがとうです 

そして若いっていいなぁと改めて実感したのです 


でも、でも歳を取っても気持ちだけは若く持ちたいよね 


そして我が家の花を見て思った事 

さむーーい冬中ずっと咲き続けていた可愛いのに強い花

アリッサム  の様に
t_IMG_5834.jpg


誰にも気づかれずにひっそりとお淑やかに静かに咲いている

スノードロップ の様に
t_t_IMG_5832.jpg



はたまた派手さがあって人目を引く綺麗な

八重咲きカランコエ の様に
t_IMG_5829.jpg


自分をものすごく主張しているかの様に見える 

オーニソガラム の様な 
t_IMG_5836.jpg


t_IMG_5827.jpg



今更ですがこんな人間になりたいなぁと思ったミス・グランマでした 



この中に一つでも当てはまる物があるのだろうか? 


ナゾ 






このページのトップへ

やられた!

大型の台風が日本縦断の予報が出ていますが

嫌ですね 

お気に入りのベゴニアを、って全部お気に入りなのですが

その中でも手に入れにくい物を家の中に入れなくっちゃです 


そんな事を思いながら球根性ベゴニアの 「ラウェニー」 を見ていて


球根性ベゴニア 「ラウェニー」
t_IMG_4365.jpg

葉の周りがギザギザしていて幅広な葉っぱです。



水の加減はどうか鉢の中に指を入れてみると

いつもですとカラカラの状態になっているのに

ジトーーっとしていたのでこれはおかしいぞ!

少し枯れた葉を取ろうと引っ張ったら

ズコーーと抜けてしまいました! 


あ!!失礼!! カメラの焦点が下の植物に 


t_t_IMG_4367.jpg

球根性なので根っこと球根が少々かじられてます 



きっとあいつの仕業だなとすぐに思いました 



家の中に入れて調べてみますと・・・。


はぁ~~~

球根も根っこも食べられてたよ~ 

t_IMG_4368.jpg

まるでカツラをはずしたかの様に

全体ががばっとめくれ上がってしまいました 


やっぱりあいつがいた!

花を育てている方はすでにおわかりだと思います。

あいつなんですよ!あいつ!!




コガネムシの幼虫がいたよ 

t_IMG_4371.jpg

ほじくり出したら20匹ほどいたんです 



葉っぱのカツラ状態の 「ラウェル」

t_IMG_4374_20170913185516455.jpg

取りあえず崩さないようにそーーーーと新聞紙の上に乗せてっと



一回り大きな吊り鉢にそっとカツラを乗せて

所々おさえておきました 

t_IMG_4377.jpg



ベゴニアでもこれはオリヅルランやイチゴの様に

シュートを出して増えていくのです 

t_IMG_4376.jpg

細いシュートが出てそこから芽が出てるのがおわかりですか?

ベゴニアでは珍しいと思っています 


この様に花も付きはじめていたのですが

t_IMG_4369.jpg


花は諦めたとして・・・。

カツラ状態の 「ラウェル」 が枯れないように

と、願っている ミス・グランマ です~ 










このページのトップへ

ベゴニア

9月に入ったら大分涼しくなりましたね 

あの騒音にしか聞こえなかった 「セミのモーニングコール」 が

ぴたりとなくなりなんだか寂しい気分なんですけどー! 


ツクツクボウシも1日鳴いているのを聞いたのですが

次の日からは鳴いていませんでしたね

どうしたんだろ?




ベゴニアもやっと少し涼しくなって元気になってきました 


最近のベゴニアは聞いた事もない名前のベゴニアが多くなっているので

名前は・・・覚えられません 


ただ木立性とか根茎性とかレックスとかの

区別はわかるんです 


今綺麗に咲いてるのは木立性ベゴニア達です 



t_IMG_4282.jpg



t_IMG_4266.jpg



t_IMG_4355.jpg



t_IMG_4356_20170907190015668.jpg



t_IMG_4324.jpg



t_IMG_4326.jpg



t_IMG_4327.jpg



t_IMG_4336.jpg



t_IMG_4284.jpg



t_IMG_4283.jpg



t_IMG_4271.jpg



t_IMG_4265.jpg



t_IMG_4354.jpg



t_IMG_4279.jpg



t_IMG_4330.jpg




こんな風に赤系、ピンク系、白系、オレンジ系、白とピンクのまざりとか

色々咲いているので目の保養にとても良くて

気持ちも安らぐんです 



冬にどうなるかとっても心配なんですけどね 


なんとか霜に当てないようにはしてあげるのですが

それでも春、芽が出てこないのは諦めるしかないのです 



ミス・グランマんちの木立性ベゴニアでした~ 








このページのトップへ